【趣味を仕事に】ネイルスクールを選ぶときのポイントを紹介

試験情報の確認

検定試験の種類と特徴

ネイルチップ

ネイリストの国家資格はありませんが、民間のネイリスト資格はいくつかあります。ネイル検定を受けてパスすればネイリスト資格が授与されて、ネイリストの技術を持っている証明になります。ネイル検定はネイル初心者の方はもちろん、現役ネイリストがレベルアップのためにネイル検定を受けています。ネイル初心者が受けるネイル検定としては、JNECネイリスト技能検定が有名です。JNECネイリスト技能検定は1〜3級まであり、初心者は3級からチャレンジします。3級は実技試験70分、マークシート筆記試験40分となっています。3級の試験内容は、ネイルケア、カラーリングといった基礎的な技術と衛生・消毒、爪の構造などの基礎知識を問う問題が出題されます。自分でネイルアートを楽しみたい方やこれからプロを目指す方が受験しています。ネイルスクールで学習した重要ポイントをおさえておけば、3か月程度で3級ネイル検定をパスすることが可能です。ちなみに3級の合格率は70〜80%となっています。2級の場合は、3級資格を持っている方に受験資格があり、ネイルサロンで通用するレベルを問う試験です。実技は1時間半でマークシート式の筆記試験があります。実技試験が不合格で筆記試験のみパスしている方は、次のネイル検定で筆記試験が免除されます。3級の基礎知識とアートの技術をさらにレベルアップした内容となっています。ネイルサロンでは2級を採用基準にしているところもあります。1級のネイル検定は2時間半に及ぶ実技とマークシート筆記試験があります。実技は、毎回テーマが決まっており、テーマに沿ったネイルアートを制作します。2級の合格率は、40%台で1級は30%台となっています。

検定の取得は必要か

ネイルアート

ネイリストとして働くために特別な免許や資格が必ずしも必要というわけではありません。それでもネイル検定を取得すことには大きなメリットがあります。まず、ネイル検定を取得して自分の技術を証明することができると、ネイルサロンで採用してもらい、働くことのできる可能性が大きく広がります。実際、ネイルサロンの中には特定の級以上のネイル検定を取得していることを採用条件としているところもあるほどです。さらにネイリスト検定を取得しているなら、自分でネイルサロンを開業するときにも大きなアピールになり、お客様の信頼を得ることができます。もちろん、開業に資格が求められているわけではないので、だれでもネイリストとして名乗ることはできますが、資格を取得していればそのことを名刺や広告に自信をもって記載することができます。お客様の立場からすれば、初めてのお店を選ぶときには、技術が保証されているかを基準にするものです。ネイルサロンの開業には特別な機材やスペースをそれほど必要としませんので、検定の取得によって自宅でネイルサロンを開業するという夢も広がります。それだけではなく、ネイル検定を取得して美容関係の技術を持っていることを証明できれば、ネイルサロン以外でも活躍のチャンスを広げることができます。最近では美容室、エステサロン、ブライダル業界をご利用のお客様が体の隅々まで美を追求されるケースが増えています。そのため、ネイリストの需要はそれらのネイルサロン以外の美容業界でも急速に高まっています。

自信にも繋がります

レディ

ネイル検定というものは国家資格ではありません。ですから取得していなくても、ネイルサロンに就職したり自らネイルサロンを開業したりすることは不可能ではありません。しかし実際には多くのネイリストが勤めるせよ独立開業するにせよ、ネイル検定を受けて資格を取得しています。一体なぜ費用も掛かるネイル検定の試験が、これほどまでに人気があるのでしょうか。その大きな理由の一つは、やはり自分の今まで一生懸命学習して習得した技能や知識に対して、客観的な評価を与えてくれるからです。努力の成果として機能している面があるのはネイル検定だけではなく他の多くの民間資格でも同様です。しかし、自分の知識や技能にしっかりとした自信を持てるのはプロフェッショナルとしてのネイリストには必要不可欠でしょう。また3級を取得したなら次は2級、2級を取得したなら最後に1級と技能を高めるための意欲にも役立ちます。そしてネイル検定が人気なもう一つの理由には、利用する側にも関係したことです。おそらく、ネイル検定を取得していなくても腕の良いネイリストは存在するでしょう。しかし、信頼しているお友達に紹介されない限り、そのようなお店を利用することに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。初めて利用するネイルサロンを探すときに、ネイリストがしっかりとしたネイル検定を取得していることは大事な選定ポイントになるはずです。ですから雇用するための条件に、検定の取得を挙げているネイルサロンが多いのです。これら二つの大きな理由があるため、多くのネイリストが検定を受けるのです。

検定を受けることで

ネイルチップ

現代ではネイルは一大ブームとなっており、その人気の高まりからネイリストを目指す人も大勢います。しかし、専門的な技術や知識が必要となります。国家資格などはなくてもネイル検定に合格することで、知識や技術のアピールと証明につながるとして注目されています。

もっと読む

競争激しくレベル高い

爪

他の大都市部同様、名古屋でもネイルスクールの人気は高くなっています。大都市部ではネイルスクール同士の競争が激しく、高いレベルが維持されるのが魅力で、しっかりとした講師陣に教えを受けられるのも人気の理由になっています。

もっと読む

試験情報の確認

ネイルチップ

受験者数が多いネイル検定として、JNECネイリスト技能検定があります。このネイル検定には1〜3級まであり、3級はネイルの基礎知識に関する問題が出題されます。2級はネイルサロンで勤務するために必須になるレベルを問う問題となっています。1級はさらにレベルの高いネイリストを目指す方向けの試験です。

もっと読む